【お知らせ】本日よりSELLは本格始動をいたします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日2018年10月1日SELL本格スタート
2018年7月1日よりテストランとしてSELLの活動を続けてまいりましたが、本日2018年10月1日にSELLは5社のスポンサー様1社の強化サプライヤー様のご協力を賜り、本格スタートをいたしました。

近日中に所属メンバーやスポンサー様のご紹介を予定しております。
今後とも変わらぬご支援、サポートをどうぞよろしくお願いいたします。

SELL代表 柴田陽子よりご挨拶


3か月のテストランを経て、5社のスポンサー企業様とともに本日、10月1日、に本格始動を迎えることができました。この3か月間で、SELLのスポンサー企業のbluegas様、meme様、TeamHub様、SUNSYU様、LENACOS様をはじめ、SELLに手を差し伸べてくださった多くの方を通じて、様々な企業やラクロス外の方々と交流する機会をいただきました。この場を借りて、この3か月の走り出しの期間にSELLに関わってくださった全ての皆様に深く御礼を申し上げます。

SELLが掲げる理念は、“LEAD LACROSSE, LEAD BUSINESS”です。ラクロスのフィールド外でも「ラクロスの人は素晴らしい」と評価されるような選手としてだけでなく人としても成長をできる活動を目指し、今後も多くの方と関わり、またお力を借りながら、団体としても一回りも二回りも成長していきたいと思っています。

まだまだ走り出しの未熟な団体ではありますが、ラクロス界の誇りになれるよう今後とも精進してまいりますので、引き続きのご支援、ご声援どうぞよろしくお願い申し上げます。
2018.10.1
SELL代表 柴田陽子

SELL選手団代表 松本理沙よりご挨拶


2017年12月のある居酒屋で今後のラクロスについて語ってから、
約10か月後、SELLという団体を立ち上げ、10月から正式に活動が
始まりました。この場をお借りしまして、関わってくださいました皆様に
感謝申し上げます。
この度、SELLの活動に賛同し、ご協賛頂きました企業の皆様と、
そしてラクロスが好きでもっとラクロスを盛り上げていきたいと願っている
選手やスタッフと、新たな取り組みに挑戦していけたらと思います。
私たち選手団が一番大事にしている思いは、
《ラクロスがもっと上手くなりたい》
そんなストレートな思いです。
この気持ちを行動に移し、結果を出すことが、これからの日本のラクロスの未来を変えていくきっかけになると信じています。
私たちはプロの選手団です。
これまでは自覚することが難しかった
プロ意識を一層高めて、日々どうしたら
もっと上手くなれるのか、どうしたらもっとラクロスが盛り上がるのかを考え行動していきたいと思います。
引き続き、SELLの活動にご協力、ご理解そして、応援頂けると幸いです。
2018.10.1
選手団代表 松本理沙

SELLについてのご紹介

SELLとは?
日本の社会人女子ラクロスのトップ選手の成長を目的として立ち上げられた団体 「Second Era Leaders of Lacrosse」の略称
日本国内では大学スポーツという印象が根強いラクロス。 その大学時代が選手としての最大の成長期であり、社会人ラクロス=現状維持が現在の日本女子ラクロス界の当たり前となっている。
SELLではその現状を打破すべく【ラクロスと仕事を両立している社会人時代】こそが、さらに選手としても人としても成長するチャンスであると捉えている。それを「第二成長期 (Second Era) 」と位置付け、女子ラクロス選手がラクロスと仕事の両方で輝けるような社会人時代の成長期創出を支援する。また、同時に、SELL関係者が触れる全ての人に「ラクロスの人はすごい」と認められる言動を心がけ、ラクロスの価値向上に貢献できるような存在になり、仕事でも仕事外でも輝く女性のロールモデルとなることを目指す。

SELLのミッション
LEAD LACROSSE, LEAD BUSINESS
LEAD LACROSSE, LEAD BUSINESS は、ラクロスにも仕事にも全力である彼女たちの見据える先への想いを込めて掲げたミッションである。苦しい両立をしながらで も選択した「ラクロスの一流になる」という道。一人でも 多くの人がその道を応援してくれて、ラクロスというスポーツがもっと認められ、応援される日本にする。そのために、ラクロス以外でも「ラクロスの人はすごい」と認められる活躍をし、多くの人に応援されるような技術的そして人間的成長を目指す。また、長期的には家庭や地域社会で活躍するメンバーもラクロス界から増やしていき、輝く女性のロールモデルとなることを目指す。

SELLのビジョン
2028年の五輪大会時のメダル獲得に貢献する
2028年のロサンゼルス五輪大会で五輪種目になることが有力視されているラクロスだが、国際大会において未だメダル獲得経験がない。その理由の一 つは長期間トップを牽引できるような選手の不在にある。つまり世界大会ことに積み上げられる経験値やそれを踏まえた個人レベルでの成長が他国に比べて少ない。日本が10年後にメダルを狙える位置にいるためには、2回目・3 回目の世界大会に挑む経験豊富な社会人選手の成長が必要である。
SELLでは、10年後の大きな目標を見据えた上で、その活動がその時々の社 会人女子ラクロスのトップ選手の競技内外の成長の場となることを目指す。 メンバーが入れ替わっても、継続的に社会人選手に対して成長できる環境を提供することがメダル獲得への貢献につながると考え、今まで実現できな かった平日練や海外遠征などの強化の場を提供する。また同時に、10年後ラ クロスがもっと多くの人から応援されている世の中を実現するべく、”LEAD LACROSSE, LEAD BUSINESS” の考えのもと、メンバー各々が仕事においても「ラクロスの人はすごい」と認められる活躍をする。
10年後に国際大会で日本がメダル候補になるべく、社会人選手がより両立 をしやすい環境を実現し、同時に、両立をすることがかっこいいと思えるような技術と人の成長の場となることを目指す。

SELLの活動目標
ラクロスでもビジネスでも活躍し、日本のラクロスを盛り上げる
・社会人ラクロス界のスター選手をSELLから輩出し、それらの選手が 日本ラクロス界を技術的にも人間的にもリードする存在になる。

・大学生が憧れ、仕事を頑張りながらでもラクロスを続けたいと思う 社会人ラクロスのロールモデルを確立する。

・仕事においてもそれぞれの選手が社内外の関係者に認められる存在になり、
外の社会から見た「ラクロスの人」の価値向上に貢献する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SELLを支えてくださっているスポンサー様一覧

こちらから