【謹賀新年】SELL代表よりご挨拶|柴田陽子&松本理沙

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新年おめでとうございます。
2018年7月に活動を開始してから、早半年。2018年はたくさんの方にお世話になりました。
SELL代表の柴田陽子と松本理沙よりご挨拶をさせていただきます。

あけましておめでとうございます。

2018年7月に仮始動してから早半年、特に、Bluegas, TeamHub, meme, SUNSYU, LENACOSのバックアップを受け本格始動をした9月からの3か月はリーグ佳境に突入したこともあり本当にあっという間でした。

そのような慌ただしさの中でも、平日に複数のクラブの選手が同じ場所に集まりお互いを高め合うことができる環境を継続して提供できたことが昨年のSELLの活動の最大の成果かなと思っています。

全日本選手権ではそういった選手たち同士の、実に5年ぶりとなる社会人クラブチーム同士の戦いを見ることができ、そしてMVP,VPともにSELLの選手が獲得してくれたこともSELLにとっては非常に嬉しい出来事でした。

2019年はSELLの活動をさらにパワーアップし、クリニック・体験会といった普及側面にも注力していきたいと思っています。同時に、強化の面でも平日練習をより質の高いものにしていけるよう今後とも選手スタッフともにチャレンジ精神と向上心を大切に精進してまいりたいと思います。引き続きご支援、ご声援のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

SELL代表
柴田陽子


あけましておめでとうございます。
2019年になりました。亥年です。
今年も沢山のことに挑戦する1年にします。
今年もどうぞよろしくお願いします。

2018年に入り、この活動の話を始めてから約1年が経ちました。2018年7月仮始動、そして9月に本格始動できましたのも、日々支えてくださる、応援してくださる皆様のお陰です。心から感謝しております。

日々働きながら、その合間を縫ってラクロスをしている私たちですが、2018年は平日ラクロスを定着化させ、毎週週一で平日の夜に練習をしてきました。土日クラブ練習だけでは得られない、新しい発見がたくさんあり、日々成長しています。限られた時間の中で、どれだけ成長できるかを私たち選手団は追い求めています。

「与えられた場所で咲く」だけではなく、
「自分たちで作り上げた場所」で咲くことの
楽しさや難しさをSELLの活動を通して
学んでおります。
引き続きトライアンドエラーを繰り返しながら、前に進んでいきたいと思います。

2019年も、社会人女子ラクロスのレベルの底上げ、そして2021年のワールドカップ、2028年のオリンピックを見据えて、全国にラクロスの楽しさを広げていく所存です。
また、たくさんの人とSELL選手団が繋がり、繋がった人を笑顔にできるような、そんな選手団を作り上げていきたいと思っております。
引き続きご支援、ご声援の程よろしくお願い申し上げます。

SELL選手団代表
松本理沙


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SELLを支えてくださっているスポンサー様一覧

こちらから