【SELLコラム】寺西 志保美 -Sihomi Teranishi- 選手のラクロスに対する想い

SELLメンバーのラクロスに対する想いをシェアする 【SELLコラム】。
今回は寺西 志保美 -Sihomi Teranishi- 選手のラクロスに対する想いをみなさんにお届けします。

寺西 志保美 -Sihomi Teranisi- 選手プロフィール
【名前】寺西 志保美
【コートネーム】もぐ
【SELLでの役割】強化事業、イベント(界内)事業
【SELLでの背番号】24
【所属クラブチーム】FUSION
【所属チームでの背番号】24
【ポジション】MF
【今までにとったラクロスタイトル】2014/2015 全学、全日優勝、2016全学、全日準優勝、2015全学最優秀選手、2015u22、2016.2017日本代表、2018.2019DS
【出身大学】明治大学
【卒論のテーマ】アスリートの食生活意識
【出身地】東京都
【勤務先】株式会社アスポ
【勤務先での業務内容】営業
【好きな言葉・座右の銘】現状維持は衰退

-わたしがラクロスを始めた理由とラクロスが好きな理由
直感です!ラクロスしている大学生活を想像したら入部を決めていました!また、自分自身の新しい挑戦になるとも思いました!なによりも学生最後の4年間を充実させたいと思っていたし、ラクロス部に入ればそんな未来が待っていると確信していました!
ラクロスには未知の世界が多いでの、自分自身で道をガンガン切り開いていくと何とも言えない楽しさがあり、面白さがあるので大好きです!
そして、ラクロスの醍醐味であるLacrosse makes friendsで日本全国にラクロスの友達がいます!たくさんの素敵な出会いがあるところも、ラクロスが大好きな理由の一つです!

-わたしのラクロスでの夢
まずは2021年のワールドカップに出場して、5位以上の順位を勝ち取ること!
2017年W杯に出場して感じた悔しさを晴らし、2025年につながる順位を獲得して、日本のラクロス界を盛り上げたいです!
そして、2028年のロサンゼルスオリンピックでラクロスが競技に選ばれたとき、子供を連れてオリンピックに出場したいと大きな夢を抱いています!!
ラクロスを教えることもとても好きなので、指導者としてのアプローチでも日本のラクロス界の発展にプラスになれるようになりたいと思っています。

-わたしのラクロス以外での夢
いろいろな人の将来に少しでもプラスになる人間になること!人の変わる瞬間にかかわることがとても好きだし、その変わった瞬間の喜びを一緒に分かち合いたいなと思っています。私自身、ラクロスという競技やラクロスで出会った人に人間としてたくさんの変化きっかけをもらったので、わたしも誰かにとって変わるきっかけを与えるような存在になりたいと思っています!

-わたしがSELLに加入した理由
加入ではなく、設立した側です!
2017年のW杯を終えてから、同じ4年間を過ごしても何も変えることはできないと思い、社会人ラクロスの価値を向上させるため、自分たちのラクロスレベルを上げる環境を確保するためにSELL作りたいと思いました!
2028年のロサンゼルスオリンピックでラクロスが競技になったとき、日本国内の多くの人がラクロスを見て感動し、応援しているような世界を夢見てSELLという団体の設立に携わりました!

-応援してくれる人に対してメッセージ
いつも応援いただきありがとうございます!応援は私たち競技者にとって大きなパワーとなっています!そのパワーをさらに大きなものにし、みなさまの心に届くようなラクロスを体現していけるように頑張ります!
私自身は小さな努力を積み重ねていく方法で少しずつ前進していくタイプでして、大きなことを成し遂げるには時間がかかる人間です。そのため、ラクロスを通じて知り合った方や、たくさんの人の応援が本当に力となり、今の自分があると思っています。これからも一歩ずつ前進していきますので、応援よろしくお願いします!

SELLメンバーサポート制度

下記のページより選手個人へのサポーターをすることが可能です。
1口1,000円より個人サポーターになることが可能です。
こちらの売り上げは選手の活動費となります。ぜひサポートを宜しくお願いいたします。

選手のサポートをしてくださる方はこちらから↓
https://selllacrosse.official.ec/items/26157820

Photo by Akie Umeda