【SELLコラム】高野 ひかり -Hikari Takano- 選手のラクロスに対する想い

SELLメンバーのラクロスに対する想いをシェアする 【SELLコラム】。
今回は高野 ひかり -Hikari Takano- 選手のラクロスに対する想いをみなさんにお届けします。

高野 ひかり -Hikari Takano- 選手プロフィール
【名前】高野 ひかり
【コートネーム】ひかり
【SELLでの役割】クリニック事業
【SELLでの背番号】12
【所属クラブチーム】NeO
【所属チームでの背番号】12
【ポジション】MF
【今までにとったラクロスタイトル】2011U19W杯出場、2013.2017W杯出場、2016-2018全クラ優勝、2018全日優勝、2018全日MVP
【出身大学】横浜国立大学
【卒論のテーマ】割合分野における除法の落とし穴
【出身地】宮城県
【勤務先】株式会社ProVision
【勤務先での業務内容】広報
【好きな言葉・座右の銘】認めてしまえば進むだけ

-わたしがラクロスを始めた理由とラクロスが好きな理由
クロスを扱う、人数が多い、コートが広いなど、ラクロスという競技を構成する要素が幅広く多いからこそ、自分が身につけるモノ・考えるコト次第で、誰も真似できない選手になれる気がするから。
ラクロスが自分に与えてくれた人との出会い、環境、学び、経験、全てがいまの自分の大部分を占めていて、なくてはならないものだから、そんな多くを与えてくれるラクロスが、今までもこれからも大好きです。

-わたしのラクロスでの夢
今世界を追い掛けるだけの日本のラクロスが、いつの日か世界を追い越すこと。日本でも世界でもラクロスの価値を高め、その先にスポーツの価値をも高めること。
選手であるときも、コーチであるときも、いづれ競技を引退し新しい関わり方になったとしても、それぞれのフェーズで自分が目指す自分になること。

-わたしのラクロス以外での夢
自分にとって大切なモノを大切にできるような自分になりたいです。その為に色んな環境へ飛び込み、変化を恐れずチャレンジし、その学びを全て蓄え自分の器を広げたい。夢というか、いつまでも終わらない目標という感じかもしれないです。大切なモノは、仲間に友人に家族に自分の夢とか譲れないものとか、数え切れない程色々あって、これからも変化して増え続けるだろうと思いますが、どんなに増えても何一つないがしろにしない、器の広くて深くて大きな人間でいられたらいいなというのが、私の夢です。

-わたしがSELLに加入した理由
社会人がラクロス界を盛り上げることが単純に素敵だと思ったからです。社会人として働きながら、ラクロスでも新しく道を切り拓いていく。こんなかっこいいこと他にないやろ、と思いました。それにたった歴4年で社会人になって、技術も身体も現状維持に必死になるなんて、日本の未来も自分の未来も暗い気がしたのも一因です。とはいえ、最大の理由は、2017年代表だったチームメイト達の熱意ある想いと行動に賛同したから。

-応援してくれる人に対してメッセージ
いつもSELLを応援して下さり、本当に有難うございます。いつも温かくご支援下さる皆様がいるからこそ、私達は願う意志の通りSELLとしての活動を行えています!今後もより広く活発に活動していくつもりですので、変わらずご支援頂けますと嬉しいです。
最後に、夢や志を持つ者の行動は人々の心に残すものがあると信じています。感動して涙が出たり、頑張る姿に勇気をもらったり。世の中にはどうすることも出来ない大変なことがあるからこそ、スポーツを介してできることもあるはず。私達SELLも前向きな気持ちを届けられる、そんな団体でありたいと思います!

SELLメンバーサポート制度

下記のページより選手個人へのサポーターをすることが可能です。
1口1,000円より個人サポーターになることが可能です。
こちらの売り上げは選手の活動費となります。ぜひサポートを宜しくお願いいたします。

こちらのリンクよりサポート内容をご確認ください↓
https://selllacrosse.official.ec/items/26157740