【SELLコラム】多賀 麻文 -Maaya Taga- 選手のラクロスに対する想い

SELLメンバーのラクロスに対する想いをシェアする 【SELLコラム】。
今回は多賀 麻文 -Maaya Taga- 選手のラクロスに対する想いをみなさんにお届けします。

多賀 麻文 -Maaya Taga- 選手プロフィール

【名前】多賀 麻文
【コートネーム】ぼんど
【SELLでの役割】クリニック/コンサル/キッズ
【SELLでの背番号】15
【所属クラブチーム】NeO
【所属チームでの背番号】6
【ポジション】AT
【今までにとったラクロスタイトル】2013年ユース選手権MVP,2014年全日優勝・全学MVP,2015年全日優勝・関東学生リーグMVP・U22代表,2017年関東クラブリーグ得点王・全クラ優勝・ワールドゲームズ代表,2018年全日優勝
【出身大学】明治大学
【卒論のテーマ】
【出身地】岡山県
【勤務先】株式会社日テレアックスオン
【勤務先での業務内容】スポーツ競技担当
【好きな言葉・座右の銘】好奇心が新しい道を教えてくれる

-わたしがラクロスを始めた理由とラクロスが好きな理由
ラクロスを初めて見たのは小学生の時です。
下校中のお姉さん達がクロスを片手に持ってる姿がかっこいいと思ったのが最初です。
ラクロスが好きな理由はたくさんあります。まずはかっこいいからです(笑)。最初に見た頃から変わりません。いろんなプレーを見てかっこいいと痺れ、そしてそんなプレーを体現したいと思ってトレーニングして練習に励んでるような気がします。
競技に関してはかっこよくて面白いから好きですが、ラクロスというスポーツが持つ雰囲気も好きです。ラクロスを通して人として成長すること、組織について学ぶこと、考える力を身につけること、文化を創ろうとすることなどなど。競技者として向上するだけでなく、様々なことを学べる、学ぼうとする雰囲気も好きです。

-わたしのラクロスでの夢
自分が大好きなラクロスを広めたいです。ラクロスがサッカーのように遊びの一つとして公園でやっている光景を普通にしたいです。
草の根活動に加えて、ラクロスがオリンピックで金メダルを取り、メディアに取り上げてもらい、知る人が増え、やる人が増えたら最高です。

-わたしのラクロス以外での夢
本気で溢れる世界にする。
私は大学時代、本気で物事に取り組むことで生まれるエネルギーの大きさを体感しました。人の本気が人に伝わり活気が生まれる、この連鎖を繰り返してエネルギー溢れる世界にしたいです。

-わたしがSELLに加入した理由
SELLではメンバー自ら向上するだけでなく、ラクロスをすでに知っている人へのアプローチ、まだ知らない人へのアプローチも行っています。ラクロス界発展のために活動する組織の一員になりたいと思い加入しました。

-応援してくれる人に対してメッセージ
いつも応援ありがとうございます。
ラクロスはスピーディで激しく、かっこいいスポーツです!まだ知らない人も多いスポーツかもしれませんが、だからこそ関わる人が面白かったりすると思っています。そんなラクロスをもっと多くの人に知ってもらいたい、多くの子供達に触れてもらいたいと強く思います。これからも応援のほどよろしくお願い致します。

SELLメンバーサポート制度

下記のページより選手個人へのサポーターをすることが可能です。
1口1,000円より個人サポーターになることが可能です。
こちらの売り上げは選手の活動費となります。ぜひサポートを宜しくお願いいたします。

こちらのリンクよりサポート内容をご確認ください↓
https://selllacrosse.official.ec/items/26157768