【SELLコラム】小川 絵里子 -Eriko Ogawa- 選手のラクロスに対する想い

SELLメンバーのラクロスに対する想いをシェアする 【SELLコラム】。
今回は小川 絵里子 -Eriko Ogawa- 選手のラクロスに対する想いをみなさんにお届けします。

小川 絵里子 -Eriko Ogawa- 選手プロフィール
【名前】小川 絵里子
【コートネーム】めっし
【SELLでの役割】コンサル/クリニック
【SELLでの背番号】11
【所属クラブチーム】NeO
【所属チームでの背番号】11
【ポジション】AT
【今までにとったラクロスタイトル】2011年U19日本代表W杯世界大会出場、2012年全日本学生選手権決勝MVP、2013年関東地区学生決勝MVP、2013-2017年フル代表(13年・17年W杯世界大会出場)
【出身大学】慶應義塾大学
【卒論のテーマ】今後の企業のあり方
【出身地】東京都
【勤務先】キリンビバレッジ株式会社
【勤務先での業務内容】営業
【好きな言葉・座右の銘】楽しんだもん勝ち


-わたしがラクロスを始めた理由とラクロスが好きな理由

ラクロスが無限の可能性を秘めているスポーツだと感じているからです。
私がラクロスを始めてからの期間だけで考えても、人数が変わったりルールが変わったりとどんどん変化し続けています。その度にまた新たな技術や戦術が必要になって、この終わりのない感じが独特でおもしろい。いいものを求める探究心が常に掻き立てられるスポーツだと思っています。

-わたしのラクロスでの夢

2つあります。1つは、ラクロスがメジャーなスポーツの位置づけとなること。まだまだ世界的にも知られていない陸上界最速球技であるラクロスをもっと多くの人に知ってもらい楽しんでもらいたいと純粋に思います。
そしてもう1つが、ラクロッサーが社会的に憧れられる存在となることです。ラクロスをしてる人たちって人として素敵だなと思われている世の中になったらいいなと思ってます。

-わたしのラクロス以外での夢

毎日が有意義な日だったと感じられる人生を送ることが夢というより目標です。
そのために、行動することを心がけています。失敗も成功も経験したからこそだと思っているのでそこからの発見がその日の有意義に繋がるようにしています。

-わたしがSELLに加入した理由

社会人のラクロスステータスを向上させるためです。社会人だと平日仕事をして土日はクラブチームで練習することが当たり前でしたが、平日にもラクロスができる環境がSELLが出来たことで可能となりました。少しでも今の学生に、社会人になってもラクロスが続けられる環境があるということを伝えられればいいなと思いました。後は、他のクラブチームの選手とも関われるのでとても刺激をもらうことができるからです。

-応援してくれる人に対してメッセージ

いつもご支援やご声援をありがとうございます。みなさんの温かいお言葉が私たちの活動の支えとなっています。みなさんへの感謝の気持ちを胸に、自分にできることを少しでも体現し還元できるよう頑張ります。
これからもよろしくお願いします!

SELLメンバーサポート制度

下記のページより選手個人へのサポーターをすることが可能です。
1口1,000円より個人サポーターになることが可能です。
こちらの売り上げは選手の活動費となります。ぜひサポートを宜しくお願いいたします。

こちらのリンクよりサポート内容をご確認ください↓
https://sell-lacrosse.com/2020/02/06/eriko-ogawa/