【SELLコラム】トレーナー 松浦 友佳 -Yuka Matsuura- のラクロスに対する想い

SELLメンバーのラクロスに対する想いをシェアする 【SELLコラム】。
今回は松浦 友佳 -Yuka Matuura- のラクロスに対する想いをみなさんにお届けします

-プロフィール
【名前】松浦 友佳
【コートネーム】さむ
【SELLでの役割】選手強化事業部
【SELLでの背番号】STAFF
【所属クラブチーム】NeO
【所属チームでの背番号】
【ポジション】TR
【今までにとったラクロスタイトル】 2006年度ベスト12、2018・2019年度全日本選手権優勝
【出身大学】東海大学
【卒論のテーマ】 救急処置の知識と行動
【出身地】東京都
【勤務先】しんむら整形外科クリニック
【勤務先での業務内容】リハビリ
【好きな言葉・座右の銘】おかげさま

-わたしがラクロスを始めた理由とラクロスが好きな理由

中学高校の部活は全然がっつり部活ではなかったので、大学はどんなに厳しくても体育会に入ると決めていました。入学してみたら体育会には高校までの競技経歴&成績を入部条件にしている部活がほとんどでした。
そんな中、未経験でも入部可能なラクロス部に出会ったのが最大の理由です。
好きな理由
自由な発想がウェルカムされるところ。
その分主体性が必要で、責任もあって、成長し続けられるところが魅力的。

-わたしのラクロスでの夢

実は大学4年間で、私はラクロス疲れしてしまいました。今思えば、ラクロスの楽しさおもしろさを4年間では味わいきれなかったようです。
そんな私が社会人となりラクロスから離れて8年目に、再びラクロスに関わるようになるなんて夢にも思わなかったのが正直なところです。
色々な偶然が幾重にも重なって再会できたラクロスにやはり運命を感じずにはいられません。
そんなラクロスだから、もしいつか子どもが産まれたらラクロスが好きな子どもになってほしい。それが私の夢です!

-わたしのラクロス以外での夢

私の人生が終わる時に、幸せな人生だったと思える人生を送ることです。
私の行動は全てこの夢の実現のために、が根底にあって、そこに向かってベクトルが伸びているような感覚があります。
だから今何をするべきか考えて悩む時は、人生がいつ終わるのかなんて誰にもわからないから、後悔しない方を選ぶようにしています。
こんなふうに考えるようになったのは、母の影響と教員としての社会経験でしょうか。
母の思考回路は私に大きな影響を与えてくれます。良くも悪くも。
そして私の生き様を見た子どもが、人生にワクワクしちゃうような大人でありたいです。

-わたしがSELLに加入した理由
社会人としてラクロスに関わり初めて数ヶ月でSELLに出会いました。
藍ちゃんの熱い想いに突き動かされた記憶があります。理念に強く賛同し、私も活動したいと思ったのがスタートだったように思います。
加入時には、おそらく先に述べた夢にベクトルが伸びていたからという理由が大きかったです。今はどちらかというと、SELLに加入した理由を新たにどんどん付け足していくように、自分はSELLで何ができるだろうかと考えていることが多いように感じます。

-応援してくれる人に対してメッセージ

SELLの選手のサポートとして平日練習会やイベント等で万が一の事態に遭遇しないよう、または遭遇してしまった時には最善の対応ができるよう帯同します。今年はサポートだけでなく、選手強化事業としてラクロススキルの考察の中にフィジカルの視点をプラスアルファしていくことを目標にしています。
SELLの活動の一部ではありますが、日々研究熱心な選手たちがさまざまなことにチャレンジしておりますので、是非応援をよろしくお願いいたします!

SELLメンバーサポート制度

下記のページより選手個人へのサポーターをすることが可能です。
1口1,000円より個人サポーターになることが可能です。
こちらの売り上げは選手の活動費となります。ぜひサポートを宜しくお願いいたします。

こちらのリンクよりサポート内容をご確認ください↓
https://selllacrosse.official.ec/items/26158163