【SELLコラム】俣野 栞 -Shiori Matano- 選手のラクロスに対する想い

SELLメンバーのラクロスに対する想いをシェアする 【SELLコラム】。
今回は俣野 栞 -Shiori Matano- 選手のラクロスに対する想いをみなさんにお届けします。

俣野 栞 -Shiori Matano- 選手プロフィール
【名前】 俣野 栞 -Shiori Matano-
【コートネーム】 またの
【SELLでの役割】 選手強化事業
【SELLでの背番号】 #0
【所属クラブチーム】 FUSION
【所属チームでの背番号】 #0
【ポジション】 ゴーリー
【今までにとったラクロスタイトル】 2016年2017年 関東2部リーグベスト12、 2017 U22日本代表
【出身大学】 千葉大学 園芸学部
【卒論のテーマ】 農業農村整備事業の経済評価について
【出身地】 鹿児島
【勤務先】 学生
【好きな言葉・座右の銘】 まだまだ


-わたしがラクロスを始めた理由とラクロスが好きな理由

中高は男子野球部に入っていて女子の部活をしていみたいと思っていたのと、新歓試合を見てドローの先輩がすごくかっこよくてやってみたいと思ったからです!(ゴーリーやってますが笑笑)
私がラクロスが好きな理由はシンプルにプレーするのが本当に楽しいからです!!こんなに面白い競技ないと思います!

-わたしのラクロスでの夢

見ている人がワクワクするようなプレーが出来るようにもっとラクロスが上手くなることです!その上でプレーを通してラクロスの魅力を多くの人に広めることが夢です!

 

-わたしのラクロス以外での夢
私は大学院で途上国(主にフィリピン)の農業・農村開発の関する研究をしていて、この春から社会人になりました。勉強してきたことを活かして、途上国の現場に立って、人々の食や生活を支える農業の基盤を整える開発コンサルタントになります(マイナーな職業です笑)。大きな夢ですが、海外の多くの現場に行って人々の生活を豊かにし、貧困や飢餓で苦しむの人がいない世界を実現させたいと本気で思っています。

-わたしがSELLに加入した理由
最初は、ラクロスの練習ができる環境と機会が増えるという自分本意な理由でした。ですが、SELLでの活動を通して今までラクロスを知らなかった方々がラクロスの魅力に気づいたり、ラクロスへの想いに賛同して下さったりと少しずつ周りが変化していくことを感じました。私はとても微力ですが、SELLで活動しプレーをすることで、多くの人にラクロスの魅力を伝えられると思って、今は活動しております。

-応援してくれる人に対してメッセージ
いつもSELLの活動を応援、サポートして下さり本当にありがとうございます。私がSELLに加入して一番感じたことは、ラクロスが当たり前に出来ること、選手としてラクロスに集中できることの有り難さです。感謝の気持ちをプレーと行動に変えて頑張っていきたいと思いますので、今後とも応援よろしくお願い致します!

SELLメンバーサポート制度

下記のページより選手個人へのサポーターをすることが可能です。
1口1,000円より個人サポーターになることが可能です。
こちらの売り上げは選手の活動費となります。ぜひサポートを宜しくお願いいたします。

こちらのリンクよりサポート内容をご確認ください↓
https://selllacrosse.official.ec/items/25890732