一般社団法人 Second Era Leaders of Lacrosse

SELLとは

SELLとは

一般社団法人 Second Era Leaders of Lacrosse(通称SELL)は2018年に社会人の女子ラクロス選手の強化および次世代の育成を目的として立ち上がった団体です。2年間の任意団体としての活動を経て、事業をさらに拡大すべく2020年10月に一般社団法人として新たな一歩を踏み出しました。

全体の競技人口の8割を大学生が占める日本のラクロス界において、SELLは”ラクロスと仕事を両立している社会人時代”こそが、さらに選手としても人としても成長するチャンスであると捉え、それを「第二成長期 (Second Era) 」と位置付けています。

現在の社会人のトップ選手の支援活動である「CLUB SELL」および次世代の選手のラクロス育成活動「LEAD LACROSSE」とキャリア支援活動「LEAD BUSINESS」の3つが主な活動です。

MISSION:LEAD LACROSSE, LEAD BUSINESS

アスリートとして、そして人として、ラクロス界内外で活躍し、次世代のラクロス界のロールモデルとなる。

VISION:ラクロス界初のメダル獲得に貢献する

日本のトップ選手の支援および次世代リーダーの育成を通じて、いまだ成し遂げていないラクロス競技でのメダル獲得に貢献する。

VALUE

①社会人ラクロス界のスター選手をSELLから輩出し、それらの選手が日本ラクロス界を技術的にも人間的にもリードする存在になる。

②次世代が憧れ、社会人でもラクロスを続けたいと思う社会人女性アスリートのロールモデル像を確立する。

③ラクロスフィールドの外においてもそれぞれの選手が関係者に認められる存在になり、外の社会から見た「ラクロスの人」の価値向上に貢献する。