【SELL BATTLE2020】コーチ紹介:浅井威宏コーチ

SELLメンバーだけでなく、新社会人やその他クラブチーム選手で即席の4チーム(各10名)を作り、オリンピック特別ルールでの試合を行うイベントであるSELL BATTLE。
今回はSELL BATTLEでチームを率いるコーチをご紹介します。

浅井威宏コーチ

名前:浅井威宏(アサイタケヒロ)
コーチ歴:
17年度女子日本代表アシスタントコーチ
10ー11年 関東ユース選抜 アシスタントコーチ
12年 関東ユース選抜 ヘッドコーチ
10-14年,16-18年 共立女子大学 ヘッドコーチ

出身大学:慶應義塾大学
現在の所属と役割:ミストラルHC

○女子ラクロスのルールが12人制→10人制になった際にコーチングをする上で意識した点
個々人の走力、パス、シュート力、1on1力の強化

○オリンピックルールになると言われている6 vs 6のラクロスについての想い
ラクロスが違うものになる。という想いを抱く方もいるかもしれませんが、新しいラクロスの可能性が広がると思っています。

○SELLバトルの注目して欲しい点と意気込み
こんなのラクロスじゃあ無い!
そんなあなたに確かにこんなクロスもあるんだ。と思わせられるSELLバトルでしか見れないラクロスお見せします。